スクラブ・白衣・ケーシーの3種類のナース服のメリットとデメリットとは?

スクラブ・白衣・ケーシーの3種類のナース服のメリットとデメリットとは?

スクラブ

<メリット>

①医療職の制服の中で、一番職種を選ばないタイプではないか。職種ごとに色を変えたりすると、一体感が生まれ、またスタイリッシュにも感じる。
②動きやすさにも優れているため、最近では訪問看護にも使われていることが多い。リハビリ職員などにもGOOD。
③かぶるだけなので、着替える際にも時間がかからず、ボタンもないものが多いので、わずらわしさもない。
④体のラインも目立たず、女性にはうれしい点。

<デメリット>

①ものによれば、しゃがむと胸元が見えてしまうところがある為、女性は注意が必要。
②見方によれば、少しカジュアルすぎる印象も受けるため、清潔感を持たせるような頭髪など注意が必要であ る。
③冬には寒さを感じるため、羽織物などでの調整が必要。
④年配の方など、年齢や好みによっては着用に抵抗を感じる場合がある。

白衣

<メリット>

①看護師の象徴である白衣は、清潔感や落ち着き、白衣の天使のイメージが強くあり理想的な印象を与える。
②デザイン性の高いものも沢山出ているため、かわいく着こなしたり、きれいに着こなしたりファッション性も高い。
③ポケットなどにも物が入れやすく、機能的にも仕事に使いやすく作られている。
④年齢問わず着用することが可能である。

<デメリット>

①一番は汚れが目立ちやすい所。どうしても血液なども触るため、汚れるとその都度着替えが必要になる。又、食事時にも気を使うため、その点が一番のデメリット。
②白衣は基本的にウエストが閉まっているものが多く、体系がカバーしにくい。伸縮性もあまりないものが多く、しゃがんだりするときに窮屈さを感じる素材のものもある。
③体系によっては、体のラインが目立つためサイズ選びにも注意が必要。
④白色であり透けやすい為、インナーの色には気を使う必要がある。
⑤女性用のものがほとんどであり、男性看護師はケーシーを使うことが多い。

ケーシー

<メリット>

①首元が閉まっているため、清潔感がありきりっとした印象を持つ。
②動きやすく、スタイリッシュでもある為幅広い職種が使用できる。
③涼しく、特に夏場には着心地が良い。
④年齢、性別問わず着用することができる。

<デメリット>

①首元が閉まっているため、苦しくボタンを外して着用してしまう。
②やや細身のタイプが多く、きちっとしているため、体系の大きな人には窮屈になることが多い。
③冬場は、上にセーターを羽織るなど寒さ対策が必要である。

ナース服をお得に購入するにはスマホで注文できる通販がおすすめ!

通販では、一度利用するとその後からは定期的に冊子が送られてくる。インターネット社会とはいえ、病院内ではスマホの使用やインターネットができないため、冊子で見て比べられるところがとても助かります。休憩時間や仕事の合間に、色々な商品と比較しながら決めることができます。又、商品を冊子で選び、注文方法はFAXや電話、インターネットなど方法がたくさんある為、その時々によって使い分けることができてとても便利です。家に帰ってからスマホで注文するなどもできるため冊子でもネットでも気軽にチェックできます。職場のみんなや、知り合いなどと合わせて買えば、金額もある程度まで達するため、ほとんどが送料無料で商品を受け取ることができるでしょう。商品購入後も、サイズが合わなかったりすれば、返品や交換もしっかり行ってもらえるため、安心して通販を使用できている。又、ナース服以外の医療用品や、医療用品の部品など細かいものまで品ぞろえが豊富であり、買い忘れていたものや、なくなりそうなものを一緒に購入できるのはとても便利です。

ナース服を通販で購入する際に注意すること

通販で一番注意が必要と感じる点は、サイズ感です。どうしても、モデルさんが着用していると、きれいに見えるものが実際に来てみたら全然雰囲気が違ったりすることがあります。モデルはスタイルがよくナース服が多少ダサくてもかっこよくみえてしまうこともあります。そして、生地感や、伸縮性など、実際手にとって着てみないとわからないところがあるので、生地の情報やサイズ感のコメントが載っていれば隅々までチェックして購入するのがいいこともあります。万が一、サイズが合わなかった、思っていたものとは違ったという場合であれば、返品交換方法に従い順序を踏めば問題ないです。名入れ商品では、文字の書き間違いには十分な注意して申し込みしましょう。注文の際に、見返してチェックし、出来上がってきた商品に対してもしっかりチェックをおこなうことが必須。どうしても、たくさんの人数で注文することが多く、商品が届いた時にどの商品が誰のものかわからなくなることがある。そのため、中心となる人が、注文書を商品の照らし合わせや誰の注文したものかをしっかり確認し集金の計算や管理が面倒に感じることもあります。

まとめ

しかし、ナースの通販サイトやナースグッズの雑誌はとてもよく売れています。ほぼ全員の看護師が利用したことがあると言っても過言ではないでしょう。それだけ便利でナースグッズがまとまっていて便利に購入できるからです。