看護師と准看護師の違い(給料、業務内容、資格、学校、カリキュラム)

看護師と准看護師と看護助手の違いについて

看護師と准看護師と看護助手は、主に病院で勤務する医療従事者という点では共通しています。しかし資格も異なりますし、その働き方も異なります。

看護師

まず看護師というのは、国家資格を持ち、医師の指示に基づいて医療行為や看護行為を行います。また経験を積めば、認定看護師や専門看護師といった資格を取ることができ、専門性を生かして、専門外来などをすることも可能です。

准看護師

次に准看護師も病棟や外来といったところで主に看護師と同様の働きをしますが、准看護師の場合は、医師や看護師の指示に基づいて業務をこなすことが求められます。

看護助手

最後に看護助手ですが、看護助手というのは、看護師の資格がないので、医療行為を行うことはできません。そのため看護師や准看護師の指示のもと、主に看護業務の補助を行う仕事を請け負います。

看護師と准看護師の給料の違い

国か都道府県の資格か?

看護師は国家資格です。
准看護師は都道府県の資格です。
そのため資格手当というのが異なり、当然国家資格の看護師の方が手当てが高くなります。また看護師の場合は、3年以上の専門学校や大卒が多く、准看護師の場合は、2年間の養成学校卒業が多いので、最終学歴による給料の差も出てきます。
上記の二つの理由を考慮して、就職した時の基本給が異なってくるのです。

実際の看護師と准看護師の給料の違い

多くの病院では看護師と准看護師の常勤の基本給の差が1~3万円程度、
非常勤の場合は、1時間300円程度の差が生じます。
またこの基本給というのは、夜勤手当や残業手当というものにも影響があります。基本給が高い方が、手当も自然と比例して高くなるのですね。つまり看護師の場合は、准看護師よりも基本給も手当も高くなるわけです。そのため一カ月の給料で見ると、看護師と准看護師の給料の差が5万円以上あるところも少なくありません。
年間にすると60万の差。年収にすると大きく差がつくことになります。
また基本給というのは、年々昇給制度がありますが、これも看護師と准看護師の場合では昇給割合に差があることも少なくありません。

看護師と准看護師の業務の違い

看護師と准看護師の業務は、表面上大きな違いはありません。二つとも看護のできる資格であるため、医師の指示を受けて診療の補助や看護業務を行うことができます。また夜勤などもこなすことは可能です。
ただし、看護師は医師の指示があれば、看護の専門性を生かして業務をこなすことが可能です。しかし准看護師は、医師や看護師の指示のもとという条件が付いているのです。そのため夜勤の時には、准看護師だけではなく、看護師とセットで勤務に入らなくてはいけないとする病院も少なくありません。また管理職や、認定、専門看護師になるためには国家資格である看護師であることが前提なので、准看護師では仕事に限界があることもあります。

准看護師だからと言って仕事ができないわけではない

とはいえ、経験豊富な准看護師は、経験の浅い看護師よりもはるかに仕事ができますし、何事も的確に判断ができるということもあります。資格による業務の違いはありますが、病棟や外来で仕事をする時の能力には差は見られません。

看護師と准看護師の資格・学校・カリキュラムの違い

看護師

看護師は、3年以上の専門学校を卒業する、また大学を卒業するなど決められたカリキュラムをこなして卒業して初めて、国家資格を取得するための受験資格を得ることができます。

国家試験は年1回行われ、その試験に合格しなければ、看護師になることができません。合格率は90%近くあり、きちんとカリキュラムをこなして勉強すれば、看護師になることは難しくないと言えるのではないでしょうか。

准看護師

一方准看護学校というのは、2年間の養成学校、また高校の衛生看護科などを卒業して初めて都道府県の受験資格を得ることができます。都道府県の試験というのは、その県によって日程が異なります。そのためもしも試験に自信がない場合は、自分の居住区の県の試験を受け、更に近隣の県の試験も受けることができます。どの県で受験して合格しても、働くことは可能なので、多くの人は複数県で准看護師試験を受ける傾向があります。
どちらの学校も決められた基本教科、専門教科、実習などをクリアし、レポート提出や学校の試験などをこなし、学校を卒業できなければ、試験を受けて資格を取得することはできません。

准看護師のこれから

准看護師の養成学校というのは、全国各地にありますが、一部の県では新入生をとらないというところもあります。准看護師ではなく、看護師の養成学校を増やして、より専門性の高い看護師を養成しようとしているのです。
しかしながら、地方に行くと、どこの病院でもまだまだ看護師に混じりながら、准看護師が活躍していることもまた現実です。病院としても看護師は高い給料を支払わなくてはいけないし、新卒が入って来ても一人前の看護師になるまで教育することは簡単なことではありません。それならば、すこし基本給の安い准看護師を採用し、看護師を充実させたいと思っている病院もたくさんあるのですね。
また看護師になる手段として、まず准看護師の資格を取得し、ある程度経験を積んだ後に看護師になるための学校の進学する人も少なくありません。看護師になるための1つの通過点として准看護師になる人も多いのですね。
そのため、まだまだ准看護師の需要というのはあると言えます。全国的には、准看護師は少なくなる傾向に進んでいますが、実際は、准看護師が活躍している病院も多いのです。