楽天koboスタジアム宮城の楽しみ方と魅力!

12球団の本拠地ある中、楽天の本拠地仙台のホーム球場について詳しく説明していきます。

デートするとき楽天koboスタジアム宮城は見逃せなくて、野球シーズン中なら試合開始2時間前からシャトルバル運動してアクセスしやすいところです。シャトルバスは5~10分間隔で運行して大人100円で利用可能。2人で人がすく毎試合前練習を見ることも楽しいはず。野球観戦や楽天の帽子をかぶった自動販売機などにワクワクしてくること間違いありません。そして、無料見学会もありますからしらべみてください。また、青葉城址は伊達政宗が築いた城であり、いま建物自体ありませんが、城跡として残されていて、石垣からかつてそびえてあった青葉城の歴史を見つけられることでしょう。こここは青葉山の上にあって、仙台駅から市内循環バスで行けて、これは外観もレトロでおしゃれですが、濃い緑に囲まれたところを通って、森林浴気分も味わえてリフレッシュが可能です。夕方から夜にかけいってみると山の上から仙台の町の綺麗な夜景を眺められるはずです。また、城跡を観光して歴史を感じたり大人のデートをしたければおすすめ。三井アウトレットパーク仙台港は仙台市から多賀城市の方向に行く途中ある大型アウトレットショップモールであり、県外からの観光客も多いです。

場所は仙台駅からは離れてますが、車30分ほど、電車など公共交通機関も発達しており楽に行くことができるはず。そして国内外ブランドのアウトレットをかうこともできて、洋服以外にインテリア、食品のお店もあって幅広い世代に喜ばれています。レストランには宮城ならではのものが充実しており、とても楽しめます。デートでおいしい食事楽しみたければ御酒印船仙台店がいいでしょう。交通アクセスがとてもよくて、刺身盛りはきれいで会話も盛り上がること間違いありません。そしてエビカツどんはボリューミーでとても食べ応えあります。靴を脱ぐ小上がり席もあって、ゆっくり腰卸食事ができます。料理によく合ったお酒をたくさん用意していてグルメの方たちから評判です。仙台の豆知識でした。

ビールや酎ハイの売り子が元気!

ビールや酎ハイの売り子さんが、元気で可愛いです。
ここの売り子さんはテレビでも特集されるくらいでできる売り子さんがいます!
毎回通っていれば顔もよく座る席なども覚えてくれるそうですよ!

球場の中で最もグランドと客席が近い!

全ホーム球場の中で最もグランドと客席が近いと言われいます。狭いということですが、選手が身近に感じますし、迫力もあります。

料金を払って球場内を見て回るツアーも企画されており、長蛇の列ができていました。時間があればぜひ行ってみたいところです。

東北の人柄なのかヤジはほとんどない

楽天が大差で負けていても、ヤジはほとんど聞こえません。ため息などはこぼれるもののヤジはほぼないのです。
子供も大人も風船飛ばしや応援歌を歌ったりと楽しく応援しています。

ファンクラブはファンなら絶対に入るべし特典多数!

ファンクラブに入会すると会費分を回収できるくらいのファンクラブグッズが手に入ります。

球場内外にグルメショップは仙台の味が楽しめる

牛タンはもちろん、仙台名産の食べ物がたくさん売られています。

外野側のグリコパークには観覧車やメリーゴーランドまであります。
この観覧車,試合観戦チケットがあれば,開場から一時間だけは無料で乗ることができます。また16基あるゴンドラのうちひとつだけブラックゴンドラという外がほとんど見えないゴンドラがあり,これへの乗車を目指して一喜一憂している人が沢山いました。私は2回目の乗車で,うまくブラックゴンドラにあたり,ラッキーでしたw
試合観戦も風船飛ばしや応援歌,ドローンを使った球場上空からの映像中継など楽しめますよ。

仙台駅からのアクセスはまあまあ近い

map

歩き

仙台駅から歩くと20分〜30分くらい
仙台駅東口から、まっすぐの道のりで道幅も広くて平坦で歩き易いです。
試合当日は多くの方が歩いてます。

シャトルバス

仙台駅からシャトルバスもでていて運賃は100円。
乗るのにちょっと待つし、座れるとは限らないがタイミングよくのれれば歩くよりはおすすめです。しかし、運悪くバスに乗れても座れないこともあるようです。

電車

仙石線JR宮城野原駅(から徒歩5分くらい)
電車であれば定期的にきていますし、仙台からいくのでしたらこれがおすすめです。